成長を追い求めて

営業の魔法

営業の魔法という本を読みました。

営業という職業の本質と素晴らしさを改めて感じました。

営業の仕事はとかく「モノを売り込む仕事」と思われがちですが、決してそれは第一義ではありません。営業の仕事は、お客さまの課題を明確にして、その課題に対する手段として自社のサービスや商品を提供することです。

つまり営業の仕事とはお客さまの課題を解決する仕事なのです。

このことに気づき、その上で本書のようなスキルを駆使して活動していけば必ず成果は出ます。

しかし一番大事なことは、営業テクニックではないということ。目の前のお客さまの課題と真剣に向き合い、本気で役に立ちたいと思う姿勢なのだと思います。